· 

元美容部員監修‼傷みにうねり、夏の髪悩みにお家で出来る簡単ヘアケア♪

質良し、香良し、コスパ良しおすすめアイテムもご紹介♪

カラーリング、海水浴、プールで髪がボサボサ…
雨や汗でくねくねetc…
夏のお洒落やお出かけで、髪のお悩みはどうしても付き物ですよね。

しかし、女優の沢尻エリカさんも
「髪は顔の額縁」とおっしゃっていたように、
髪を綺麗な状態で保つというのは、
ルックスや雰囲気の印象に大きく関わる大事なことです!

明るいヘアカラーにカラーメイク、ネイルetc…
せっかく夏ならではのお洒落をしても、
バサバサに傷んだ髪では、
なんだかあか抜けない印象になってしまうことも…

そこでもう一度、ヘアケアを見直す必要があります!
やり方は至って簡単!お家での普段の洗髪やブロー等を少し工夫するだけ。
今回は夏の髪トラブルにお悩みの皆さんに、
気軽に出来るヘアケアの5ステップと、
おすすめのアイテムをご紹介いたします♪♪

ステップ①シャンプー後まずタオルドライ

これは多くのヘアケア商品が推奨していることです!
びしょびしょに濡れた髪にリンスしてもちゃんと染み込まないので、しっかり水気を切るようにしましょう!!

ステップ②水気を切った髪にリンスまたは洗い流すトリートメント

リンスは硬い髪の方は少し多めに、髪が柔らかい方は気持ち少なめに。
また、塗布後すぐではなく、揉みこんで少し時間を置いてから流しましょう。

リンスの代わりに洗い流すタイプのトリートメントを使う方も、このように髪の量や質によって用法や用量を少し意識した方が良いと思います。

ジュレームアミノシリーズは、豊富なアミノ酸と海藻のエッセンスで髪の傷みを補正、がコンセプトのシリーズです。
特にこちらのヘアマスクは、「乾燥・ヘアカラー・熱・静電気・紫外線」と、この季節ならではの、さまざまなダメージによって傷んでしまった髪におすすめの商品です。

主に二種類あるジュレームシリーズの中でも、こちらのマスクのようにパッケージが藍色のシリーズは、ディープモイストのタイプです。
特に髪のバサつきや枝毛が気になって、髪にうるおいがないと感じている方は、こちらのディープモイストのタイプが良いでしょう。

シャンプーの後、週に1~2回の使用を推奨しています。
たっぷり入っていて、一回の使用量はピンポン玉程度ですので、髪の長い方でも週に1~2回の使用で半年以上と、長く使用することが出来ます。
香りはほんのりフローラル。

ステップ③タオルドライ+自然乾燥(又はドライヤーのコールドで乾かす)

洗髪後すぐの熱風でのドライヤーは、乾かすのに大変時間がかかり、結果たくさんの熱に髪を当ててしまうことになるので、傷みの原因になります!

まずは髪から優しく水滴を落とし、滴らなくなったら、コールドのドライヤーをかけたり、肩にタオルをかけての自然乾燥で、髪が少し乾くのを待ちましょう。
またこの段階で、髪がぐちゃぐちゃではなく、自分のなりたいシルエットにある程度整えておくことをおすすめします。クセが付きにくくなるし、後にドライヤーをかける際に髪がからまるのを防げます。

ステップ④髪が半乾きになったら洗い流さないトリートメント

髪が濡れたままだと、洗い流さないトリートメントは浸透しませんが、少し乾いたら、十分浸透して効果が期待できる状態になっていると言えます。

一番オススメするのはなめらかに浸透するオイルタイプ。傷んでる時の髪の状態って、大体うるおいがなくなってバサバサしてしまってると思うので、オイル成分を与えることによってよりしっとりとまとまった状態にすることが出来ます。
またさらさらした手触りなので、クリームタイプでべたつくのが苦手、ぺたっとした髪になるのが嫌だという方にも、オイルタイプはおすすめです。

傷みやすく広がりをおさえたい毛先等はやや多めに、傷みが少ない前髪や頭のてっぺんの部分にはやや少なめに。この際も手櫛で髪をとかすように優しく塗布していきましょう。

こちらも、アイロンやコテなどの熱によるダメージを補正し、乾燥・静電気によるバサつきから守ってくれるアイテムです。

オイルタイプですがべたつかず、髪に絶妙な潤いを与えてくれます。
とろみがあって、一回2、3滴のプッシュだけでも広範囲にしみこみむ為、60mlと少量なのに長く使用できるのでコスパも抜群だと思いました(ロングヘアでも年に1~2度の購入で十分なくらい)。

また、フローラルの香りがとても心地好いです。

こちらはミルクタイプですが、上記で紹介したオイルと同様、さらさらとした手触りで髪によく馴染むのでご紹介させて頂きました。

寝ている間の枕との摩擦によるダメージを補正する効果があります。
髪が短い方って、どうしても枕との摩擦を避けられず、「夜せっかくお手入れしたのに朝起きたら全然思ってたのと違う…」ってなりがちなので、髪がショートヘア~セミロングの方に特におすすめです。
香りは同じくフローラルの香りですが、オイルと比べるとほんのり香る程度になっています。

ステップ⑤ドライヤーで完全に乾かす

ここまでちゃんと丁寧にヘアケアした髪は、十分ドライヤーの熱にも負けない状態になっていると思います。

言うまでもありませんが、髪が濡れたまま寝てしまっては、においやかゆみ、また夜寝ている間に寝ぐせが付きやすくなってしまうので、寝る前にしっかり乾かすようにしましょう。
以上では、主に髪の傷みを防ぐためのヘアケアについて説明してきましたが、うねりを抑えるために重要なのは、実はドライヤーで髪を乾かす段階にあったりします。

半乾きのまま寝てしまった髪では、見栄えも悪くなる他、汗や雨による湿気でより乱れやすくなってしまうので注意しましょう。

また、興味がある人はドライヤーにもこだわってみるのも良いと思います。
今は比較的低価格で、キューティクルを保護する効果のあるマイナスイオン、ナノイー頂戴のものや、温度が低めだけど強い風量に頼って乾かすことが出来るものなど、髪に優しい様々なドライヤーがたくさんあります。


優良なドライヤーが一台あるだけで美容院並みの仕上がりが期待できるかも…!!

まとめ

頻繁に美容院でトリートメントとか、
お金なくて出来ないよ~という方にも、
以上で紹介させて頂いたように、
お家で普段のヘアケアを丁寧にやったり、
低価格でも自分に合ったアイテムを使うことで
ヘアコンディションを綺麗に保つことが出来ると思います。

また、髪の長さや髪質って人それぞれなので、
自分に合ったアイテムで、効果をちゃんと感じる為には
用法や用量も工夫することが大事です!
私自身は髪質が大変細く柔らかいので、
うねりや髪が激しく傷んでしまうのを防ぐために
リンスをつけ過ぎやドライヤーの当てすぎに
気を付けたところ、見た目も触った感じも
しなやかでまとまった髪になり、
天使の輪っかがちゃんと戻ってきました♪
皆さんも是非この5ステップとおすすめのヘアケアアイテムで
夏のお洒落を目一杯楽しんで下さいね♪

【スポンサー】

【日本初】カスタマイズシャンプー&リペア MEDULLA