· 

毛穴がすっきり!悩み別のおすすめのクレンジング

開いた毛穴や、黒ずんだ毛穴でお悩みの方は、とても多いのではないでしょうか。
そんな毛穴をキレイにする対策として一番重要なのは、じつは「クレンジング」なんです。

今回は、おすすめの毛穴対策用のクレンジングを、ここでご紹介します。
クレンジングも色々な種類があるので、選び方とともに参考にしてみるとよいでしょう。
その人の毛穴悩みに合ったクレンジングを紹介しますので、お悩みの毛穴を改善していきましょう。

【クレンジングの選びかた 開き毛穴編】

開き毛穴とは、毛穴の穴が目立った状態です。角栓を無理に取り除いたりし、乾燥が原因となって毛穴が開いた状態が目立っているのです。間違った毛穴ケアを続けていると、開き毛穴の原因となります。
開き毛穴には、うるおいも与えつつ、さっぱり仕上げられるクレンジングがおすすめとなります。

<ジェルタイプ>

ジェルタイプのクレンジングは、油分が少なくてテクスチャーはみずみずしい、といった使い心地が特徴です。
ジェルなので、お肌への負担が少なく、水性のオイルフリーや油性など色々な種類の商品が出ています。
配合される成分によっては、洗浄力や肌への刺激が大きいものもあるので、自分の肌に合ったものを選ぶようにした方がいいでしょう。
また、乾燥肌、敏感肌でも使用できるものがあり、幅広い肌質の方に使えます。
水性タイプでは、マツエクを付けたままでも使えます。

おすすめのジェルクレンジングの1つに、「フルリクリアゲルクレンズ」があります。

Fleuri(フルリ)クリアゲルクレンズ 150g (1本)

こちらは、美容成分毛穴がに特化していて、アーチチョーク葉エキスや、ビタミンC誘導なども配合されており、おすすめです。

<オイルタイプ>

オイルクレンジングは、もともと洗浄力が高いものが多いため、肌の負担になる可能性があります。
選ぶときには、油脂系オイルを使用したものを選ぶようにするとよいでしょう。
油脂系オイルは、オリーブオイル・アルガンオイルなどをベースにして作られているものになります。
それ以外でも、マツエクでも使えるオイルクレンジングは、毛穴にも優しく使うことができるのです。

おすすめのオイルクレンジングの1つに、「THREE バランシング クレンジング オイル」があります。
スリー THREE バランシング クレンジング オイル 200ml

このクレンジングは、天然オイルで作られており、メイクや皮脂もすっきり洗浄してくれ、毛穴も清潔に保ってくれます。また、ザラつきやくすみがない、透明感あふれる肌へ導いてくれます。

<バームタイプ>

毛穴の汚れやメイクをすっきりと洗い流し、しっとりとした洗い心地のクレンジングバームは、最初は固形で肌に乗せると温度でトロトロ質感となり、オイル状になり、オイルとクリームの中間のようなテクスチャーです。
また、液だれをしないので、お風呂場以外でも、使いやすいのが特徴です。
さらにバームのほどよい重さと弾力性が肌の間でクッションのを役目をしてくれるので、肌摩擦を軽減します。
優しく洗いながらも洗浄力もあるため、濃いメイクにも相性抜群です。
ほとんどの商品がダブル洗顔不必要なので、洗いすぎによる乾燥を防いぎます。選ぶのにおススメなのは、肌に負担をかけない、伸びの良いタイプです。

おすすめのバームタイプのクレンジングの1つに、多くの女性誌でも今話題になっている、万能クレンジング「D.U.O ザ クレンジングバーム」があります。


D.U.O. ザ クレンジングバーム ホワイト 90g メイク落とし【天然クレイ ガスール×ブライトケア】クリアな素肌に <肌の色ムラエイジング> まつエクOK W洗顔不要

このクレンジングは、毛穴クリアカプセル「ナノマトリクス」の配合がポイントです。洗浄成分を毛穴の奥へ届けて、保湿成分を角質層までしっかり浸透させるため、しっかりとした汚れ落ちと洗い上がりを実感することができます。

【クレンジングの選びかた 毛穴の黒ずみ編】

毛穴の黒ずみは、詰まり毛穴による角栓が、空気や紫外線に触れて酸化して黒っぽく変色した状態です。
イチゴ鼻とも呼ばれます。ファンデーションを塗っても隠し切れないことも多いため、困りものです。
対策として、こまめにクレンジングをして、角栓ケアに効果のある、スクラブなどを定期的に使用してみましょう。
また、黒ずみには抗酸化作用のあるクレンジングでケアを行うと、より早く改善することが期待できます。まずはクレンジング選びから見直して、頑固な毛穴の黒ずみにアプローチしてみましょう。

<オイルタイプ>

オイルタイプのクレンジングは、クレンジングの中でも洗浄力が高めな種類なのです。
界面活性剤が多く入っているので、濃いメイクでも落としやすいし、毛穴汚れもごっそりとれそうな気がしますが、顔に必要な皮脂までとってしまう場合もあり、肌の乾燥の原因にもなってしまうこともあります。
ただ、良質なオイルで作られたクレンジングであれば、オイルタイプでも大丈夫なのです。
動植物からとれる油脂系オイルなどは、高い洗浄力でありながら、保湿までもします。マカダミアナッツ油、アボカド油、アルガンオイルなどが、酸化がおきにくい、良質なオイルとなります。

おすすめのオイルクレンジングの1つに、「シュウウエムラアルティム8∞」があります。

シュウウエムラ(shu uemura) アルティム8∞スブリムビューティクレンジングオイル450ml[並行輸入品]

クレンジングに定評のある、シュウウエムラのクレンジングの中でも、特にリッチ成分を使用し、とても優秀なクレンジングで、8つの植物オイルを使用し肌に優しく、潤いと透明感を感じる洗いあがりです。ダブル洗顔も不要で、毛穴汚れも綺麗に落としてくれます。

<クリームタイプ>

クリームタイプのクレンジングは、最も肌に優しいので、毛穴クレンジングには特におすすめとなってきます。
肌に刺激が強い界面活性剤をあまり使っていないため、クリームの持つクレンジング力で、メイクをしっかりと落とします。そのため、肌を乾燥させず潤いを保ち、毛穴の汚れもきちんと落とすことができるのです。
根本は、詰まり毛穴と同じですが、汚れを浮かし、毛穴に詰まった酸化皮脂を取り除くというクリームタイプはとくにおすすめなのです。

おすすめのクリームタイプのクレンジングの1つに、「資生堂 ドルックス クレンジングクリームN 」があります。

資生堂 ドルックス クレンジングクリームN 135g【3個セット】

保湿剤として、ポリグリセリンを配合し、保湿効果がとても高く、メイクや毛穴の汚れ、黒ずみもさっぱりと落とします。界面活性剤や防腐剤など、肌に刺激を加える成分も少ないために、肌に優しく安心して使えそうです。

<ジェルタイプ>

ジェルタイプのクレンジングは、温感タイプもあり、お肌を温めながら、優しく落とすことができます。
また、ジェルタイプは、毛穴汚れを吸着してくれる特長があり、毛穴に詰まった汚れ、古い角質をも絡めて落としてくれるのです。

おすすめのジェルタイプのクレンジングの1つに、「マナラホットクレンジングゲル」があります。

マナラ ホットクレンジングゲル 200g 【リニューアル】

このクレンジングは、多くの芸能人にも愛用されています。5年連続クレンジングゲル部門で売り上げ1位に輝くなど、累計850万本を売り上げた大人気商品なのです。
特徴は肌に優しくて、温感ゲルがメイクや毛穴汚れをしっかり落とします。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分を豊富に配合されていて、洗いあがりはしっとりとした、潤った肌になります。

【クレンジングの選びかた 詰まり毛穴編】

詰まり毛穴は、皮脂と角質が混ざって、それが角栓となり毛穴に詰まった状態です。
皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まりやすくなります。この角栓が空気に触れることで次に黒ずみ毛穴へと変化します。
詰まり毛穴の原因は、食生活やホルモンバランスの乱れ、そして乾燥です。
また、加齢で肌の弾力低下が起こり、皮膚が緩んできて、毛穴が開いてしまうことにより汚れが毛穴に入り、詰まり毛穴となっていくのです。

<オイルタイプ>

角栓が詰まった毛穴の場合は、オイルタイプが頑固な汚れをしっかり落とせるでしょう。
気を付けたいのは、肌への刺激が強い物が多いので、使用するときは肌に優しく馴染ませるようにして短時間で洗い流しましょう。

おすすめのオイルタイプのクレンジングの1つに、「ミッドナイトボタニカル クレンジングオイル」があります。

ミッドナイトボタニカル クレンジングオイル 175ml 【キールズ】 [並行輸入品]

オイルなのに、メイクも毛穴汚れもやさしくオフしてくれて、洗いあがりはしっとりとした潤い肌にしてくれます。
夜のターンオーバーに着目した、スキンケア効果の高いクレンジングです。また、ダブル洗顔も不要となります。

<ジェルタイプ>

ジェルタイプは、油分が少ないため、するっとした使い心地を実感できるでしょう。毛穴の詰まり汚れをより取りやすくしてくれるので、頑固な汚れもすっきりと落としてくれます。

おすすめのジェルタイプのクレンジングの1つに、「skinvill(スキンビル) ホットクレンジングジェル」があります。

skinvill ホットクレンジングジェルN 200g (2016年リニューアル版)

敏感肌、優しい使用感がお好みの方に、特におすすめなクレンジングとなります。
美容液成分99.7%配合で、うるおい成分も豊富です。今までのクレンジングで落とせなかったメイクや、古い角質などを吸着して、すっきりと落としてくれるミネラルが配合されています。そして気持ちの良い温かさのホットタイプで、頑固な皮脂の詰まり汚れを浮かして落としてくれるのです。

<クリームタイプ>

油分の多いクリーム状のクレンジングになり、手と肌の間にクッションのような役割を持ち、メイクを落とす際のマッサージによる摩擦ダメージを受けにくいのが、クリームタイプの特徴です。乾燥肌の方には、冬場に最もおすすめです。
メイクと馴染むまでは、少し時間がかかりますが、毛穴に詰まった汚れをしっかりと落としてくれます。

クリームタイプのクレンジングでおすすめなのが、「SUQQU コンフォート メルト クレンジング クリーム」です。

SUQQU (スック) コンフォート メルト クレンジング クリーム 125 g

クリームタイプでありながらも、素早いクレンジングが可能な新処方なのです。洗顔後はヌルつきがなくて、スッキリとしているのにしっかりとした潤いのある肌に仕上げることができます。
クリームクレンジング独特の、洗い流したあとの油膜感が苦手な方でも、気にならずに使用することができます。

まとめ

今回は、おすすめの毛穴クレンジングの種類を、毛穴の状態別にご紹介しました。
クレンジングは、現在の毛穴の原因や肌質に合わせて選ぶことにより、より効果を得やすくなるのです。
毛穴を予防することで、メイクのノリや、お肌のハリやツヤも戻ってくるものなので、毛穴に配慮したクレンジングをすることはメリットがたくさんあるのです。