· 

【30代】おすすめの美容液ファンデ メイクしながらエイジングケア♪

<エイジングケアもできる美容液ファンデーション>

になると肌のエイジングケアもしたいし、日中の乾燥肌も気になってきます。乾燥肌にパウダーファンデーションをつけると、粉っぽくなってしまうし、夕方になるとシワの間にファンデがたまってる、なんてこともあることでしょう。
そこで今回おすすめしたいのは、美容液タイプのファンデーションです。
1品に美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーションの機能が詰め込まれた、オールインワンファンデーションになります。
これさえあれば、1日乾燥肌に悩まされず、しかもエイジングケアやUV効果も発揮してくれます。
こんな便利な美容液ファンデ、一度チェックしてみませんか?

 

【美容液ファンデーションとは?】

1品で美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コントロールカラー、ファンデーション、コンシーラーなど何役をも担う成分が配合された、ファンデーションのことです。水分膜と、皮脂吸着パウダーが、肌のテカリや浮き上がりを軽減してくれて、塗りたてのような美しさを維持することができます。そして、メイクと同時に肌を潤いで満たし、豊富な美容成分がハリやツヤ感のある肌へと導いてくれるのです。
毎日の肌負担を減らしたい、肌を疲れさせたくない人もにおすすめです。また、美容液ファンデーションによるテカリが気になる場合は、ファンでの上からパウダータイプのファンデーションを重ねることもできるのです。

 

【美容液ファンデーションの選び方】

乾燥肌の人に特におススメなのが、美容液ファンデーションになります。水分と油分が多く含まれるので、肌に長時間の潤いをあたえてくれるからです。
選ぶときは、このような以下のポイントにも注目してみましょう。

 

①    美容液成分
30代ともなると、やはり気にしたいのは、どんな有効な美容成分が多く入っているかどうかがポイントとなってきます。
最近では何種かの植物幹細胞培養液も含まれたものまで出ています。
また、美容成分に加え、紫外線カット効果があると良いです。ファンデーションを塗る前に、大抵日焼け止めを塗る方が多いと思いますが、日焼け止めクリーム成分が入っていることにより、日焼け止めを塗る必要がなくなり、時短メイクにつながります。1年中、紫外線は降り注いでおり、特にオフィスワーカーの方もパソコンからのブルーライトにさらされることになるので、紫外線カット効果があるかどうかも、重要なポイントとなってきます。

②    肌の色、肌質と合うか
ファンデーションの色選びをするときは、つい手の甲で試しがちになっていまいますが、この選び方はダメなのです。なぜなら自分の顔と手の甲の肌色には、大きな差があるのです。
ファンデーションは、顔と首の境目であるフェイスラインに、色を何種類かのせてみた上で、判断するのが正解です。
また、肌質に合うかどうかも重要です。肌質がオイリー肌の方は、顔がテカテカになる、べたつきが気になる、そんな油分が多めの脂性肌の方には、油分が少な目のパウダーファンデーションが良いでしょう。また意外にも脂質の原因は、なんとお肌の乾燥にもあるのです。
その乾燥を防ぐためにも、春夏は保湿力の高い美容液ファンデーションをのせてから、フィニッシュパウダーでテカりやすい部分のみをおさえて使用するのもおすすめです。

乾燥肌の方は、ファンデーション選びは保湿力がポイントとなります。肌が年中カサカサしてしまう、うるおいやハリがない、すぐ粉がふいてしまうなどといった乾燥肌の方には、美容液ファンデーションがとくにおススメとなります。

③毛穴や凹凸を補正し、明るさやハリを出してくれるか
今のシーズンのトレンドメイクの1つに、みずみずしさのあるツヤ感やハリ、明るさを重視したメイクテクニックがあります。
これを簡単につくれるファンデーションであるかどうかどうかも、見極めるポイントになります。
難しいテクニックを使わなくても、ササっと塗るだけで、肌の毛穴の凹凸を綺麗にカバーしてくれ、計算されたツヤハリ肌になれるなら嬉しい限りです。

 

<美容液ファンデーションのメリットとは?>

【時短メイクができる】

美容液ファンデーションを塗るときは、スポンジや指などを、主に使用します。
朝の時間がない時は、まずはおおまかにスポンジでまんべんなく塗って、両手のひらでムラをなくすように顔を包み、ファンデーションを均一にする、などといった使い方もできます。
その美容液成分にUV効果があれば、メイクの前に、日焼け止めを下地に塗る必要もなくなるため、かなりの時短になるでしょう。

 

【塗っている間中、美容成分が肌に働きかけてくれる】

美容液ファンデーションには、美容液に通常配合されているビタミンC誘導体や水溶性コラーゲン、スクワラン、アロエベラエキスなどの成分を贅沢に配合しているので、ファンデーションを塗っている間中は、成分が常に肌に働きかけてくれているのです。

 

【カバー力もあり、メイクを落とした後もキレイな肌を維持できる】

美容液ファンデーションは、薄付きですがしっかりとしたカバー力があり、軽い付け心地で、塗れば塗るほどキレイになれるといわれています。そのために、リピーターも多いようです。
クレンジングをした後も、ケアしたかのような肌を維持してくれるといわれています。
ファンデーションに美容液成分を配合しているために、一日中うるおった肌を持続することができるからなのでしょう。

 

<30代編 おススメの美容液ファンデーション>


エステファクト ジュエリーパクト【レフィル】

「たかの友梨エステファクト ジュエリーパクト」は、最近出た新製品の美容液ファンデーションになりますが、既にかなりの売り上げを出しているという、人気商品となります。
実はこの美容液ファンデーションには、女性には嬉しいメリットを数多く持ち合わせた商品なのです。
それをここで紹介します。


①    メイクしながらエイジングケア、うるおいに満ちたツヤ肌になれる
②1品で美容液、クリーム、日焼け止め、化粧下地、コントロールカラー、ファンデーション、コンシーラーの7役をもになってくれる、オールインワンファンデーションとなります。
③特殊技術エッセンスポケットシステムにより、66%以上もの美容液成分をファンデーションに内包しています。水分膜と、皮脂吸着パウダーがテカリや浮き上がりを軽減、塗りたてのような美しさが続きます。そしてメイクと同時に肌をうるおいで満たし、4種の植物幹細胞培養液をはじめとし、豊富な美容成分がハリとツヤのあふれる肌へと導いてくれます。
④4種類のジュエリーパウダーが毛穴や凹凸を補正し、明るさと輝きを演出してくれて、使用するパフにもこだわり5層構造を採用しています。
スポンジの間にウレタンフィルム(遮断膜)を挿入することで、使用感とクッション性を維持しながら、スポンジ内に多量のファンデーションが吸収されるのを防いでくれます。

 


ヴィセ リシェ ヌーディフィット ファンデーションキット 19 OC-410 普通の明るさの自然な肌色

Visee(ヴィセ)の「ヌーディフィット ファンデーション」も、プチプラで美容液タイプのパウダーファンデーションが欲しいという30代の女性におすすめです。

ヒアルロン酸、スクワラン、モモ葉エキスといった保湿効果に優れた美容成分が配合されており、肌の潤いを保って乾燥しやすい30代の肌を守ってくれます。
さらに2種の微粒子パウダーがピタッと肌にフィットしてくれるので、厚塗り感のないベースメイクを完成してくれますよ。


資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリー UV (レフィル) オークル20

多くの美容家も愛用していると噂の美容液×パウダーファンデーションと言えば、MAQuillAGE(マキアージュ)の「ドラマティックパウダリー UV」。
美容液水とふわふわのムースから作られたパウダーファンデーションなので、肌にしっとり溶け込み、触れたくなるような毛穴レス美肌を叶えてくれるのが特徴です。

肌色ごとの美しさを追求された7色7質感から選ぶこともできるので、より30代の自分の肌に合うものを選ぶことができますよ。

<美容液ファンデーションの使い方>

ファンデーションをとり、頬の高い部分を覆うように塗布する
スキンケアの後に、適量をパフにとり、肌の上に塗布していきます。

頬にのせたファンデの外側部分を、下まぶたの方向へ指で薄く広げ、なじませながら肌をカバーしていく
同時に、ファンデーションを上まぶたに薄くのせ、目頭から目尻に向けてトントンとたたき込んでいきます。

気になる部分には、重ねつけていくと、効果的にカバーができます
パフ全体で、内容物をまんべんなく取り、気になる部分に軽くたたきこむように、お顔全体に塗布していくことで、シミやシワを自然にカバーすることができます。

30代の女性におススメしたい美容液ファンデーションについて、ご紹介をさせていただきました。
これから流行るファンデは、美容液ファンデーションをつけながら、エイジングケアができるファンデーションとなっていくでしょう。
肌の乾燥や加齢によるトラブルが表れてきたら、今お使いのファンデーションよりもよりレベルアップした、美容液ファンデーションに変えてみることもよいことでしょう。

【おすすめ記事】