· 

人気の結婚指輪ランキング!婚約指輪選びに気を付ける5つの事【女性編】

結婚指輪選びに気を付けること【女性編】

1,結婚指輪との重ね付け

プロポーズ

結婚指輪と婚約指輪は一緒につけますか?婚約指輪も大切!

毎日とはいかなくても時々は着けていたいですよね!

重ねづけをするかしないかで、結婚指輪のデザインやフォルムも変わってきます。

せっかくの婚約指輪が眠ってしまうということにならないように、重ね付けをする方は注意して選びましょう。

 

婚約指輪の段階から結婚指輪の事を考えて、重ね付けしやすいデザインを選ぶようにすると後々悩まなくていいですね!せっかくの婚約指輪、婚約指輪どちらも一緒に楽しみましょう。

OFFさんによる写真ACからの写真

2,サイズ

結婚指輪

普段指輪をつけなれていない人からすると、サイズ選びに迷ってしまいがちになります。よく陥ることは将来の体形の変化を考えて、大きめのサイズを選んで後悔するパターン。多少体重が増えても指のサイズが大きく変化することはなく、1㎏くらいの変化では1号も変わらない方が多いです。妊娠中は体重が大幅に増えるので一時的に外す方が多いと思いますが、産後しばらくして体重が戻ってくれば再び入るようになります。

 

※サイズ選びの際は、時間をかけて0.5号刻みでしっかりとサイズを測ることをオススメします。ただし、サイズ直しが何号まで出来るか、どのくらい費用や時間がかかるのか、あらかじめチェックしておきましょう。

ATOHSさんによる写真ACからの写真

3,似合う幅とフォルムがある

手の大きさや形状は人によって様々です。ぷにゅぷにゅ、ゴツゴツ、関節が太いなど、手について悩みをお持ちの方もたくさんいらっしゃいますよね。指輪にはそれぞれの手の形にぴったり合った幅やフォルムというものが存在します。

ウェーブやV字、ストレート、丸みのあるフォルムや角のあるフォルムでは、同じ手につけても全然印象が変わってきます。また、細身が似合う手や幅のあるものが似合う手は違います。色んな幅やフォルムをしっかりと試着することが、自分に似合う指輪を見つける近道です。

4,金属アレルギー

金属アレルギー

男女ともに気をつけたいのは金属アレルギー。ジュエリーで痒みを感じたり赤くなったりした場合は、その金属にアレルギー反応している可能性があります。普段ジュエリーをしない人ほど気づきにくいので、注意が必要です。購入前に自分自身に金属アレルギーがないかチェックしましょう。特にプラチナやゴールドは、強度や色の調整のため別の金属が少量配合されているので、配合金属にも注意しましょう。

ころさんによる写真ACからの写真

5,ダイヤモンド

ダイヤモンドが並んだ結婚指輪のデザインが増えています。手元を華やかにみせ、気分も上げてくれるので、憧れる女性は多いはず。ただ、気になるのが汚れの詰まりや石とれの問題です。クリーニングや定期的なチェックをすれば問題ないので、購入前に知ることが大事です。

人気の結婚指輪ランキングはこちらから

銀座ダイヤモンドシライシ