· 

女性の3人に1人が悩んでる!クマの種類と原因、解決策とは?

残業をしたり、徹夜で勉強したり、スマホゲームで夜更かし、YouTubeを見てしまったり、ついつい夜更かしをしてしまったりと、睡眠不足が続くと、目の下に【クマ】ができてしまっていることがありますよね?

そんな【クマ】で悩んでる人は、女性の3人に1人が「目の下のクマ」に悩んでいると言われています。


目もとのクマ専用クリーム - 【アイプリン】

クマの種類と原因とは?

目の下にクマがあると、疲れて見えたり、老けて見えたりするのが悩みのタネ。クマと一口に言っても種類があり、それぞれに原因と対処方法が違うので、自分のクマはどれにあたるのかを知ることが第一歩です。

クマの種類は大きく分けて3種類

【黒クマ】

1)生まれつき目の下の脂肪が少ない、または加齢により目の周りの脂肪が萎縮したり、皮膚のたるみの影響で皮膚のへこみが目立つために影が出来るタイプ。

2)加齢により目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉がゆるみ、眼窩脂肪が突出する(いわゆる目袋になる)ことにより、たるみが生じ、その下にへこみができるタイプです。

 

黒クマのチェックポイント

□ 上を向いて鏡を見ると目立たなくなる。
□ ファンデーションを塗っても目立つ。

【茶グマ】

表皮レベルの茶グマの原因

茶グマの主な原因は色素沈着です。紫外線から受けたダメージに加えて、目をこすりすぎることで、色素沈着を起こしやすくなります。また、アトピー性皮膚炎や乾燥による痒み、化粧品かぶれ、落としきれないマスカラが原因になっていることもあります。
またクマは、目の下にだけできるのではありません。まぶたの茶グマは、老化のせいにしたり、上からメイクをするので見過ごしたりしがちですが、これもれっきとしたクマです。

 

真皮レベルの茶グマの原因原因は、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザです。20歳前後から、両頬・おでこ・小鼻・目の下などにあらわれる青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑。メラニンが皮膚の奥に沈着している状態です。

 

茶クマのチェックポイント

□ クマの境目の皮膚を引っ張っても上を向いても目立つ。
□ ファンデーションを塗ると目立たなくなる。

【青クマ】

目のまわりには、たくさんの毛細血管が通っていますが、その血液が滞り、目のまわりの薄い皮膚から毛細血管が透けて、青っぽく見えるのを青グマと呼んでいます冷え、生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や疲労、ストレス、目の疲れなど原因にはいくつか考えられます。最近では、パソコンを使う人が多いですが、パソコンの画面を凝視することで、血流が滞ることも原因の1つです。

青クマのチェックポイント

□ クマの境目の皮膚を軽く下に引っ張ると目立たなくなる。
□ ファンデーションを塗ると目立たなくなる。

急にできた目の下の酷いクマには要注意!

くまは体調不良のサインかも?目の下にくまが現れる病気について

鉄欠乏性貧血

赤血球内にあるヘモグロビンの量が減ると、貧血が起こります。ヘモグロビンを作るためには鉄分が不可欠です。この鉄分が不足することによって起こる貧血が、鉄欠乏性貧血です。

貧血になると血行が悪くなり、赤黒い色をした還元ヘモグロビンが停滞、目の下に青くまとなって現れます。

鉄分の多い食事を心掛ける他、症状がひどい場合は医療機関を受診して内服薬を処方してもらうなどの治療を行いましょう。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)

バセドウ病は、喉にある甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。

主な症状として眼球の突出があります。これは目の周りにある脂肪(眼窩脂肪)や筋肉(眼輪筋)が炎症を起こして腫れ、目の中の圧力(眼窩圧力)が高まることで眼球が前にせり出してくるものです。

眼球突出に伴い、眼球の下にある眼窩脂肪もせり出してきてたるみのような状態になり、「黒くま」ができることがあります。

バセドウ病の症状は他に、甲状腺が腫れて大きくなる甲状腺腫、頻脈、汗をかきやすい、手指の震え、だるさ、体重減少などがありますので、心当たりがある場合は早めに医療機関を受診しましょう。

肝臓疾患・腎臓疾患(肝機能・腎機能の低下)

肝臓・腎臓には、解毒作用や老廃物を排除し血液をキレイにする役割がありますが、機能が低下すると血液が浄化されにくくなり、血流が滞って目の下にくまができやすくなることがあります。

病気とまではいかなくても、アルコール・甘いもののとりすぎ、過労などによって臓器が疲れている時もこのような状態に陥りやすいため、生活や食習慣の改善を図りましょう。

うつ病

うつ病になると、両目と口の周りが青白くなる特徴があります。これは自律神経の異常によって、目の周りの筋肉(眼輪筋)や口の周りの筋肉(口輪筋)に血液がスムーズに流れなくなり、血行不良を起こしているためです。

アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎

下まぶただけでなく、目の周り全体がくすんでいる場合はアトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の可能性があります。目の周りのデリケートな皮膚にハウスダストや花粉が付着して炎症を起こし、色素沈着による茶くまになります。

放っておくと深刻なシミになってしまうため、早めに医療機関を受診し、皮膚炎やアレルギーの治療を行ないつつ、毎日のケアで表皮のバリア機能を高めることが必要です。

以上のように、目の下のくまが現れる病気はさまざまなものがあるため、たかが「くま」と放置せず、気になる方は早めに医療機関を受診することをオススメします。

目のクマの対策方法

【黒クマの対策方法は?】

たるみやすい目の下の筋肉のトレーニング目の下の筋肉が衰えることでたるみの原因となるため、体操で筋肉を引き締めましょう。方法は上まぶたが閉じないように指で押さえながら、下まぶたを閉じるような動きをします。左右共10回程度行いましょう

 

むくみ対策をするむくみがあると顔に凹凸ができやすくなるので、予防することが大切です。塩分を控えたり顔のマッサージで顔全体のリンパの流れを促進させましょう。
顔のマッサージ法はあごからこめかみに向けて手のひらでさすり上げるようにマッサージします。続いてこめかみから顎のライン、首に向けてリンパを下に流すようなイメージでさすりマッサージします。いずれも優しくおこなうことがポイントです

【茶クマの対策方法は?】

紫外線対策をする紫外線はとても強い刺激なので、日焼け止めをぬって紫外線対策をしましょう。

 

メークを落とすときは専用クレンジングを使用し、洗顔はなるべく泡立てて優しく洗うアイメイクを落とすときにごしごしと目の周りをこすってしまっては刺激で色素沈着をおこしてしまう可能性があります。そのため、専用クレンジングで優しく洗うようにしてください。同様に洗顔も刺激の少ない泡タイプのものを使用するとよいと思います。

【青クマの対策方法は?】

温タオルで目を温める&体を温める

目の周りの血行が滞ることでクマができているため、温かいタオルで目の周りを温め血流を改善させましょう。この時、温タオルが熱すぎないようにして下さい。顔の皮膚は非常に薄くデリケートなので、温かすぎるタオルではかえって刺激になってしまうからです。

体の冷えは血行不良を引き起こし青クマの原因となるので、湯船にゆっくりつかるなど体を温めることが大切です。

 

目元のマッサージをする目頭から目尻にかけて指の腹で少しずつ押すように優しくマッサージして下さい。マッサージをすることで血流を促しクマを改善させます。

 

首や肩回し運動をする首や肩回し運動で体から顔への血流を促し、クマの改善を促します。

 

寝不足やストレスの多い生活習慣を見直す不規則な生活や寝不足、ストレスは血行が滞りがちになります。生活習慣を見直すと共に適度な運動にも心がけるようにしましょう

 

食事で鉄分を取り入れる元々貧血状態ではいくら血行が改善されてもクマの改善にはなりません。そのため鉄分の多い食生活に心がけるようにするといいと思います。鉄分は小松菜、ほうれん草、ひじき、あさりなどに多く含まれています。この時、なるべく温かい食事を摂るようにすると体も温まってよいでしょう。

目もとのクマ専用クリーム - 【アイプリン】

【男性用】メンズアイキララ

・【記事一覧】へ戻る

各種SNSの登録もお待ちしてます。

【運営サイト】 
【LINE@】
LINE限定の情報などを配信しています。
【Twitter】
【Instagram】

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村