· 

美と健康の秘訣は美しい腸内フローラ

「腸内フローラ」という言葉を知っていますか。
ここ数年よく耳にするようになりましたね。

【腸内フローラとは】

私たちの腸内には、多種多様の菌類がすんでいます。
顕微鏡でのぞいてみると、「花畑」のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。

【腸内フローラを美しく咲かせるには】

この腸内フローラを美しく咲かせるというのは、腸内環境を整えるということです。
腸内環境が整えば、免疫力も高まる、お通じもよくなる、肌荒れも改善する、肥満リスクが減少する、また、生活習慣病や老化などの病気や症状の予防、改善にもつながります。

【腸内環境を整えるためには】

腸内には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(ひよりみきん)がすんでいますが、その構成(種類)は子供の頃に決まってしまうそうです。

善玉菌とは

善玉菌は、人間の体に有用な働きをする菌の総称です。
身体に必要な化学物質を作ったり、免疫力を活性化したり、ウイルスから体を守ったり、消化を助けるなどの働きをします。
加齢や食生活、ストレスなどで減少してしまう菌です。

悪玉菌とは

悪玉菌は、異常増殖をすることで人間の体に害を与える菌の総称です。
肉や脂質を摂り過ぎや野菜不足などで増殖します。
増え過ぎると問題を起こしますが、善玉菌に刺激を与え、活性化することで外から侵入する菌に対する免疫力を高める役割があります。
なくてはならない存在です。

日和見菌とは

日和見菌は、優勢な方に味方をする菌の種類で、善玉菌が優勢な時は善玉菌の味方をし、悪玉菌が優勢な時には悪玉菌の味方をします。
つまり、腸内環境を整えるには、善玉菌に味方をしてくれる日和見菌を増やすことが大切なのです。

【発酵食品を摂ろう】

善玉菌に見方をしてくれる日和見菌を増やすにはどうしたらよいのでしょうか。
善玉菌を優勢にするためには、不足しがちな善玉菌を外から補給することが大切です。
発酵食品には、善玉菌がたくさん含まれています。
食事の中に積極的に取り入れて善玉菌を補いましょう。

【何を食べればいいの?】

まず、乳酸菌がたくさん含まれている食品には、ヨーグルトやチーズ、漬物などがあります。
ヨーグルトは、乳酸菌で作られるものですが、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているわけではありません。
「ビフィズス菌入り」のヨーグルトは、ビフィズス菌を加えて発酵させたものです。
パッケージに「ビフィズス菌BB536」「ビフィズス菌B-3」「ビフィズス菌SP株」とあるものを選ぶと良いでしょう。
また、納豆には納豆菌が入っています。
他には、みそ、しょうゆ、酢、かつおぶし、甘酒なども麹(こうじ)が入っています。
日本人になじみのある食品には善玉菌を含んだものが多いですね。
積極的に食事に取り入れましょう。

 

善玉菌を外から補給する他にも、ストレスをためずに上手に発散する、おなかを温めることも腸内環境を整えるポイントです。

 

美しく元気な腸は、美しさと健康を手に入れる鍵。
どのコスメを使うか、どんなメイクをするか、ネイルの色やデザインも気になるところ。
しかし、健康でなければ、そのメイクやネイルも映えてはこないのです。

まずは、腸を元気にすることから始めてみませんか?

 

肌のフローラなら

コラム記事

・【記事一覧】へ戻る

各種SNSの登録もお待ちしてます。

【運営サイト】 
【LINE@】
LINE限定の情報などを配信しています。
【Twitter】
【Instagram】

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
にほんブログ村