· 

キレイのコツはパーソナルカラーにあった!

寒い冬が終わり、暖かくなると気になるのが春のファッションです。
デパートやファッションビルには、黄、ベージュ、緑、ピンクなど、色とりどりのファッションであふれています。
「その色が似合うかどうか分からないから買わなかった。」
「○○色は似合わないから着られない。」
「ピンクはかわいい女の子にしか似合わない。私は着られない色。」
こんな風に思ったことはありませんか?

似合う色がわからないというお悩みは「パーソナルカラー」知ることで解決できます。

【パーソナルカラーとは?】

パーソナルカラーとは、その人の生まれつき持っている肌、目、髪の色を引き立ててくれる色のグループのことです。

 

言い換えると、肌、目、髪の色をきれいに見せてくれる色のグループ、

 

つまり、本当に似合う色のグループです。

 

【パーソナルカラーの分類】

まず大きく「イエローベース」と「ブルーベース」のふたつに分かれます。
日本人は、黄色人種だからイエローベースというわけではありません。
さらにそれぞれをふたつずつに分け、4つのタイプに分類。季節の名前で呼んでいます。
イエローベース」は、「」「
ブルーベース」は、「」「

それぞれのパーソナルカラーの特徴ですが、以下のようになります。
」→明るく鮮やかな色(春の花の色のような明るく若々しいイメージの色)が多いグループ
」→明るくソフトな色(紫陽花やバラの花の色のように上品なイメージの色)が多いグループ
」→シックで落ち着いた色(アースカラー、高級感のあるイメージの色)が多いグループ
」→非常に明るい~非常に暗い色まで揃い鮮やかな色(都会的でシャープなイメージの色)が多いグループ
(このパーソナルカラーの分類も、診断をする場所によって異なる場合があります。)

パーソナルカラーを知ると、いろいろな色が着られるようになる

4つに分かれるパーソナルカラーの中には、それぞれ赤、青、黄、緑、ピンク、茶・・・
が入っています。
「赤が似合う」「青が似合う」「黄は似合わない」ということではなく、どんな特徴の赤が
似合うのか、どんな特徴の青が似合うのかということです。
その人に似合う赤、青、黄、緑、ピンク、茶・・・が必ずあります。
今まで着られないと思っていた色や似合わないと思っていた色も着られるようになります。
どの色も着ることができるようになり、ファッションの幅が広がりますね。

パーソナルカラーを身に着けるとどうなるの?

パーソナルカラーを身に着けると、顔色が明るくなる、健康的な色白に見える、肌がきれいに見える、目が輝く(目力が出る)、顔色が明るく透明感が出る、フェイスラインがシャープに見える、小顔に見える、若々しく見えるなど、その人が本来持っている美しさがどんどん引き出されます。

パーソナルカラーはどう使うの?

パーソナルカラーを取り入れるには、まず、ブラウス、カットソー、セーター、スカート、パンツ、ワンピースなどの洋服はもちろんのこと、コスメ、メイク、ネイルなどにも使えます。
コスメで取り入れるには、似合う色のファンデーションを選ぶこと、メイク用品の色選びも、アイシャドウアイラインチーク口紅などをパーソナルカラーから選ぶことです。
また、ネイルもパーソナルカラーの中から選ぶと、手指を美しく見せてくれます。

パーソナルカラーの診断方法

パーソナルカラーの診断方法は、診断をする場所により異なる場合があります。
また、料金や所要時間も様々です。
診断後のアフターフォローをしてくれるところもあります。
いろいろと調べ、自分に一番合うところを探してみることをお勧めします。

新しいことが始まる季節。 パーソナルカラーを上手に取り入れて、いろいろな色に挑戦してみましょう。