男の娘必須アイテム ウィッグ

ウィッグ選びのポイント

ウィッグには合成繊維ウィッグと人毛ウィッグとミックスヘアの3つの種類があります。それぞれの特徴をおさえ自分に合ったウィッグを選ぶようにしましょう!

合成繊維ウィッグの特徴

髪型一つで女性らしい印象をもたせることができます。ウィッグはそのための大きな武器だと言えるでしょう。

ただ、特にフルウィッグなどは値段が高くてなかなか手が出せないという側面もあります。

そうした方にお勧めなのが、合成繊維のウィッグです。値段は全体的に安めなのでお試しとして購入するには最適です。しかし、あまり安さばかりを追求すると質が落ち、コスプレの衣装のように見た目が不自然になってしまうので、ある程度クオリティの高いものを求める必要があります。

 それに、見た目では区別がつかない高品質なものでも本物の髪と同じではありません。そのため、どうしても手触りには違和感があり、さらに、静電気が起こりやすい、年月が経過すると髪の先が縮れてくるなどといった難点もあります。

限定オリジナルウィッグ[DIVASHOP]

人毛ウィッグの特徴

合成繊維に比べ、人毛のウィッグは値段が高いものが多い

ですが実際は品質によって様々なので一概には言えません。

本物の髪の毛を使用しているので、より違和感の少ないものであることには間違いありません。

 手触りも地毛とほとんど変りなく、自分の髪と同じようにスタイリングができます。しかし、問題なのは人間の髪と同じということはスタイリングをしやすい反面、合成繊維のウィッグのように最初から決められた髪型をずっと維持することはできないということです。それに、汚れやすいのでこまめにシャンプーで洗う必要がありますし、太陽の光に当てると次第に色あせてくるという問題点もあります。

 どちらかというと、ウィッグの扱いに慣れた人向けの素材だと言えるでしょう。

限定オリジナルウィッグ[DIVASHOP]

良いとこどりミックスヘア

最近では、合成繊維と人毛を混ぜ合わせた「ミックスヘア」が注目されています。

 合成繊維の不自然さがなく、スタイリングもしやすく、それでいてセットが崩れにくくて手入れが簡単という両者の良いとこ取りをした素材です。

 ただ、帯に短しタスキに長しという言葉があるように、下手をするとどちらの長所も中途半端になって短所だけ目立ってしまう可能性もあります。したがって、合成繊維と人毛をどのような比率で混ぜ合わせるかがミックスヘアのクオリティを決定づける大きなポイントのひとつだと言えるでしょう。

ウィッグを長持ちさせるには、お手入れも大切です。

保存は形を保てるようにウィッグスタンドを使うと便利

おすすめウィッグ




おすすめウィッグショップ


ウィッグ通販の総合専門店「MYWIG(マイウィッグ)」

限定オリジナルウィッグ[DIVASHOP]


ヘアサロン探すなら

スポンサーリンク